スタッフブログ

河野 宏文

冬タイヤ用アルミホイールをお探しの方へ

[2014/12/02]

スタッフ:
河野 宏文
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
まもなくウインターシーズン到来となりますが、
この度、C3&DS4の純正アルミホイール(4本セット)が格安でご案内できます。

スタッドレスタイヤを履きたいがホイールが無くて困っている方に朗報です。
.
.
.
.
.
・C3用 定価¥136,464から60%Off⇒今回販売価格¥52,185(消費税込4本セット
※対象モデル:現行型C3 1.6Lモデル または現行型C3 1.2L Exclusiveモデル
.
.
.
.
.
・DS4用 定価¥227,232から60%Off⇒今回販売価格¥90,892(消費税込4本セット
※対象モデル:DS4 Chic
※いずれもセンターキャップは再使用していただくか、別途取り寄せ(6色から選べます)も可能です。
 組み換え、取り付けご依頼の際、料金は別途いただきます。


各一台分のみ!早い者勝ちです。
ご予約等はお早めに当店スタッフまでお問い合わせください。

河野 宏文

止まらなければ走れません。

[2014/10/31]

スタッフ:
河野 宏文
カテゴリー:
メンテナンスTips
いつもお世話になっております。
本日はブレーキについてのお話です。

車にとってブレーキは、安全を支える命綱ともいえるシステムです。
ブレーキを構成するそれぞれのパーツ(ブレーキパッド、ブレーキディスク、ブレーキキャリパー、ブレーキフルード・・・)が皆様の安全を守るため、ブレーキペダルを踏むたびに働いてくれています。
ですが、日々の運転の中で徐々に各パーツも消耗してしまいます。もし以下に心当たりがある場合は、ブレーキが悲鳴をあげているサインです。






・ブレーキ警告灯が点滅する
・ブレーキペダルが重い、または踏み応えがない
・ブレーキをかけたときにコトコト、ゴーゴー音がする
・ブレーキをかけたときにハンドルをとられる
・ブレーキをかけたときに車全体が振動、ガタガタする
ブレーキの異常を放っておくと取り返しのつかないことになります。もし上記のような症状があるときは、できるだけ早く当店までご相談ください。早めの点検、早めの交換を心掛け、
安心のシトロエンライフを送りましょう。なお当店では12ヶ月の法定点検ごとにブレーキの各パーツの点検を実施しております。定期点検も合わせてご検討いただければ幸いです。

河野 宏文

命を載せています。タイヤにも関心を!

[2014/10/17]

スタッフ:
河野 宏文
カテゴリー:
メンテナンスTips
お世話になっております。
秋深し、、、ということで随分涼しくなりましたね。
朝は身体の筋なども何となく固くなったような気がする今日この頃です。
このまま寒くなるともっと動きが渋くなってしまうのでしょうか。

時に、車もたくさんの可動部品を使用しておりますが、中でもゴム類で形成さている部品はその性質上、使用状況や季節の寒暖によって状態が変わるものあります。
特に命を載せているといわれるタイヤ。
皆様のお車のタイヤは正しい状態をキープしていますか?
正しくタイヤを装着されていますか?

車にとってタイヤは車と地面とつなぐ、たった一つのパーツです。
けれど、タイヤと地面が接する面は、実は手のひらほどのサイズしかありません。
次のような不適切なタイヤの状態や、間違った装着を行っていると操縦性の悪化やパンク、タイヤバーストの発生など、危険な事故につながる恐れがあります。

・不適切なタイヤの状態(摩耗、ひび割れ、空気圧の過不足)
・間違ったタイヤの装着(大きさ、回転方向、組み合わせ)

正しいタイヤを正しく装着し、正しい状態で安全な運転を心がけましょう。
当店ではタイヤの点検はもちろん、シトロエン車対応のタイヤの販売も行っております。
サマータイヤからウインタータイヤまで、幅広く対応させていただいておりますので、タイヤの購入をご検討の際もぜひ当店までご相談ください。
皆様のご来店をお待ちしております。」


河野 宏文

季節の変わり目。バッテリーのお話です。

[2014/10/08]

スタッフ:
河野 宏文
カテゴリー:
メンテナンスTips
いつもお世話になっております。
本日は皆様にバッテリーについてご説明させていただきます。

「ついさっきまで元気に走っていたのに、エンジンがかからない!」
皆様はこんな経験ありませんか?こんな時ほとんどの場合が、バッテリーあがりか、オルタネーター(発電機)の故障が原因です。
.
.
.
.
.
.
.
バッテリーはオルタネーターが作った電気を蓄え、必要に応じて各機器に電力を供給します。
最近の車にはヘッドライト、ワイパー、オーディオ、ナビ、エアコン、ETC、盗難防止装置・・・たくさんの電子機器が使われていますので、
それに比例してバッテリーの重要度も高まっています。

特にシトロエン車ならセンソドライブやEGSミッション車、エアサス、ハイドロサス搭載車は更に電力を使用します。

バッテリー自体も時間の経過や使用によって劣化していきます。
特にバッテリーあがり、オルタネーターの故障、極端な温度条件などは劣化を速めます。

頻繁に車を使用する、逆にたまにしか乗らない等に関わらず、時間を経過しているバッテリーは早めに新しいものに交換していないと、例え点検の時は正常電圧でも、突然エンジンがかからなくなる、いわゆる”突然死”に見舞われてしまいます。
最近のバッテリーはメンテナンスフリーバッテリーといって密閉されており、寿命ギリギリまで性能が落ちないため、バッテリーの劣化が分かりにくくなっています。

エアコンを多用する夏の冬の前や、長距離ドライブの前などには、まずは点検をお受いただき、使用歴を確認させてください。

河野 宏文

エコドライブのススメ

[2014/07/27]

スタッフ:
河野 宏文
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
いつもお世話になっております。
工場長の河野です。

最新の車両では燃費性能が大きく改善しましたが、皆様の運転次第でさらに燃費を向上させることができます。ここで改めてエコドライブについてご紹介させていただきます。

1、ふんわりアクセル「eスタート」
アクセルを強く踏み込むとガソリンを多く消費します。
発進時にはふんわりと触れるようにアクセルを踏みましょう。
やさしい発進を心がけることで約10%燃費が改善されます。

2、スピードは一定速度を保つ
走行中は一定の速度で走ることを心がけましょう。
また車間距離が短くなると、無駄な加速・減速が増え燃費が悪化します。
無駄な加速・減速がなくなることで約2%~6%燃費が改善されます。
クルーズコントロールがある車では積極的に使うようにしましょう。

3、減速時はアクセルを離す
アクセルを離すとエンジンブレーキが作動し約2%燃費が改善されます。
早めにアクセルを離してエンジンブレーキを活用しましょう。

4、エアコンは控えめに
エアコンの使用によっても燃費は悪化します。
炎天下での駐車後は、車内の空気を入れ替えてからエアコンを使用するなど、
不要な使用は控えましょう。

5、無駄なアイドリングはやめましょう
停車する場合は無駄なアイドリングはやめましょう。

6、渋滞を避け、時間に余裕を持って出発しましょう
渋滞や道に迷ったりすることで余計に燃費を消費します。
お出かけ前にルートをあらかじめ確認し、時間に余裕を持って出発しましょう。

7、タイヤの空気圧をチェックしましょう
タイヤの空気圧が低下すると燃費が約2~4%悪化します。

8、不要な荷物は降ろしましょう
車の燃費は荷物の重さに大きく影響されます。

エコドライブにより10%燃費が向上するとガソリン代は約9%、
20%の燃費向上ではガソリン代が約17%削減できるといわれています。
エコドライブについては当店のスタッフによるアドバイスも可能です。
どうぞお気軽にご質問ください。

※データ出所:一般財団法人省エネルギーセンターなどの測定結果

分かってはいるけど行動までいかない、という方も多いと思いますが、
それは理想論でしょ?などと一蹴せず、実際にできることばかりですから
一考されてみるのもよろしいのでは!